勇心酒造 Wellness

「バリアケア®」の強み

  1. トップページ
  2. ライスパワーが実現する【清浄と改善】
  3. 洗わない入浴法とは
  4. つかるだけで清浄(ライスパワーNo.1-D)
  5. バリア機能を育てる(ライスパワーNo.11)
  6. 勇心酒造の「バリアケア」メソッド
  7. バリアケア®の強み
  8. バリアケアの習慣化
  9. バリア機能を守りながら洗う
  10. 夏もお風呂でセルフケア 夏の入浴法

医療機関向けブランド「バリアケア®
医療との連携で、家庭での適切なセルフケアをサポート

「バリアケア®」は、肌のバリア障害により、繰り返すかゆみや乾燥に悩んでいる方に、勇心酒造のセルフケアシステム=「家庭で」「毎日」「手軽に」「全身ケア」が「習慣化できる」=を、医療従事者様からご提案いただくブランドです。
医療との連携で専門家の正しい指導のもと、家庭での適切なセルフケアをサポートします。

医療ケアと連携した独自のセルフケアシステム

●医師や薬剤師から直接説明やアドバイスを受けられる
家庭での正しく適切なセルフケアは、専門知識を持つ医師や薬剤師などの医療従事者様の指導を受けて行うことが大切です。
「バリアケア®」のスキンケア商品は、病院や薬局、福祉施設などの医療機関で販売され、医師や薬剤師から直接、説明やアドバイスを受けられる体制を整えています。
肌の状態や生活習慣、生活環境などに応じたセルフケアの方法や必要性を正しく理解することができ、家庭での正しく適切なケアの実践&習慣化が望めます。

●医療ケアとあわせて相乗効果が期待できる
治療や投薬などの医療ケアとあわせて家庭でのケアをきちんと行うことで、健康な肌へと導くための相乗効果が期待できます。

●治療期間の短縮、通院の手間や医療費の節約も
家庭での正しいセルフケアが医療ケアをサポートすることで治療がスムーズに進み、治療期間の短縮につながります。
また、家庭でのケアを習慣化することで、症状の悪化や再発が抑えられて健康を維持できれば、治療や通院の手間がなくなり、医療費も抑えられます。

「バリアケア®」誕生の背景

「バリアケア®」誕生の背景には、肌悩みにおける医療現場と患者双方のジレンマがありました。

乾燥やかゆみなどの肌悩みは、せっかく病院で治療しても、間違ったスキンケアや生活習慣によって再発や症状の悪化を招いてしまうことが少なくありません。
そのため医療の現場では、治療と家庭でのケアの両立を重要視し、家庭での正しいスキンケアや日常生活を習慣づけるように呼びかけています。

しかし、患者さんからは、家庭でのケアは「面倒」「煩わしい」「背中など手の届かない場所のケアができない」などの理由で、習慣化するのが難しいとの声が返ってきます。
また、「今の自分にどんなスキンケアが合っているかわからない」、「どのスキンケアアイテムを使ったらいいの?」など、正しいスキンケアの方法やその相談先がわからず、肌悩みから抜け出せないという声も聞かれます。

そこで勇心酒造では、すでに肌のバリア破壊を防ぐ入浴法として医療機関や介護施設などから高い評価を受けている「洗わない入浴法」を足がかりに、肌のバリア機能に着目したスキンケアアイテムを開発しました。
さらに、病院や薬局、福祉施設などの医療機関で販売する医療機関向けブランドとすることで、医師や薬剤師など医療の専門家の指導やアドバイスの元、家庭での正しいセルフケアを習慣化へと導くシステムを構築。
こうして誕生したのが「バリアケア®」ブランドです。

肌悩み 現場の生の声

pagetop