勇心酒造 Wellness

バリアケアの習慣化

  1. トップページ
  2. ライスパワーが実現する【清浄と改善】
  3. 洗わない入浴法とは
  4. つかるだけで清浄(ライスパワーNo.1-D)
  5. バリア機能を育てる(ライスパワーNo.11)
  6. 勇心酒造の「バリアケア」メソッド
  7. バリアケア®の強み
  8. バリアケアの習慣化
  9. バリア機能を守りながら洗う
  10. 夏もお風呂でセルフケア 夏の入浴法

治療が終わったら家庭でのケアも終わり、それでいいの?
再発を防ぐには、家庭でのケアを継続することが重要

乾燥やかゆみを繰り返してしまう患者さんは、治療が終わると家庭でのケアを止めてしまうことが多く、症状が軽くなるにつれゴシゴシ洗いを復活させたり、湯上りのスキンケアを面倒くさがったりして、元の生活習慣に戻してしまいがちです。
でもこれでは、せっかく落ち着いてきた肌の状態を維持できず、再発を招いてしまいます。
乾燥やかゆみなどの肌悩みは、家庭での生活習慣や体質が大きく影響しています。
症状の再発を防ぐためには、治療後も引き続き家庭でのケアを行うことが重要です。

「肌が弱い体質だから」とあきらめていませんか?
バリアケアの習慣化で、強い肌を育てる

また、肌悩みを繰り返すのは、「肌が弱い体質だから仕方ない」と、家庭でのケアに積極的になれないという声も多く聞かれます。
しかし、肌にはもともと健全な状態を保つための機能(生体機能)が備わっています。
「肌が弱い」とは、この肌本来の機能が弱まっている状態です。
特に肌のバリア機能が低下すると、乾燥やかゆみなどの肌トラブルを起こしやすくなります。
そのため治療中はもちろん、治療後も家庭での正しいバリアケアを長期的にする必要があります。
肌機能を整えるケアを習慣化すれば、強く健康な肌を育てることができます。

そもそもトラブルを起こさない肌に
「バリアケア®」のこだわり

勇心酒造の「バリアケア®」は、習慣化しにくい家庭でのケアを、毎日、手軽に、無理なく続けられることを追求したスキンケアブランドです。
肌のバリア機能に着目して開発したアイテムが、入浴など日々の生活シーンの中で生じるバリア損傷のリスクから肌を守り、肌機能を整えて健康な肌を育みます。

「バリアケア®」メソッドを毎日続けることで、肌が本来持っているバリア機能が健全に働き、肌自ら潤う力※が高まれば、肌トラブルに強く健やかな肌を保つことができます。
「バリアケア®」は、そもそも乾燥やかゆみなどの肌トラブルを起こさない健康な肌づくりにこだわり続けます。
※ライスパワーNo.11による皮膚水分保持能の改善

pagetop